不登校だっていいじゃん ~簡単には言葉にできないあの頃の気持ち~第2回イベント開催のお知らせ

こんにちは☀︎ 居場所で多々良先生と一緒に子どもたちの成長を見守っている大学生の西川楓子です。
今回は、2/28(日)に開催されるオンラインイベントについてのお知らせです。

 

 

なぜこのイベントを開催したいのか?

「学校に行く」「行かない」という選択にこだわる必要はあるのか?第1回のイベントが終わった後に、学校に行っても行かなくても苦しいこと、楽しいことがあるよねということになりました。そこで、「じゃあ、もっと一歩踏み込んだ話を高校生、大学生目線で話したい、伝えたい」このような思いからこのイベントが生まれました。このイベントは、「不登校」というテーマではなく、誰でも一度は経験したことがあったり、思ったことがたくさん出てきます。今回のイベントのサブタイトルも居場所の子に「学校に行くか悩んだ時の苦しみを言葉で表すとしたらどんな表現になる?」と投げかけるとある生徒が「言葉にも表せそうにない、、」という言葉からできました。

 

どんなイベントなの?

①トークセッションと②交流会の2部構成です。

①トークセッション
学校に行かない選択をした高校生と実際にフューチャーCプロジェクトで不登校支援を行っている大学生が織りなす1時間の「本音トーク」です。今だから語れる不登校の頃の葛藤、学校をやめようと決意したきっかけを話します。さらに、学校に通うことが当たり前だった大学生の視点、居場所に通っている子どもたちの生の声を取り入れながらお話しをします。

②交流会
トークセッション後には、4つのグループに別れて相互にお話ができる場を設けております。トークセッション後の質問、もっと話を聞きたいと思ったテーマの部屋にお入りください。

部屋①高校生 ゆうくん 「不登校だからこそ見えた繋がり
部屋②フューチャーCプロジェクト代表古賀先生「子供たちへの今の寄り添い方」
部屋③土井先生 「多様性のある教育の未来」
部屋④大学生 「子供たちとの関わりを通して変化した不登校への理解」

 

 

オンラインでイベントするの?

今回は新型コロナウイルス感染対策のため、オンラインでの開催になりました。
写真のような「フューチャーCプロジェクトバーチャルスペース」を利用します!

「ネット関係が心配、、」という方もイベント本番から当日まで大学生がサポートをしますのでご安心ください!またこちらの動画でバーチャルスペースの説明もしております!是非ご覧ください☀︎
https://youtu.be/0ASd5o082Ec

 

 

 

 

■フューチャーCプロジェクト第2回の詳細

日時:2月28日(日)13:30~15:30
会場:オンライン開催(フューチャーCプロジェクトバーチャルスペース)
参加費:一般1,000円/学生500円
定員:30人
申し込みフォーム:https://futurec.thebase.in

ご参加の方は、下記のエントリーフォームに必要事項を記入してご返信下さい。
お申し込み期限は2月27日(土)となります。
※この参加費は子供達の活動のために使わせていただきます。

 

最後に、、、

このイベントは、学校に行っていないお子さんを持つ親御さん、本人、だけでなく「教育」「生き方」を考える全ての人に見ていただきたい内容です。大学生と高校生が1ヶ月半をかけて準備を進めてきました。ぜひ一人でも多くの方に私たちの声を届けたいです。申し込みをご希望される方はフォームはこちらをクリックしていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました☺️

■お問い合わせ先

TEL: 097-560-3556

Mail:futurec1020@gmail.com