訪問サポート

ご家族の「相談」にのり、ご本人に「訪問支援」を行い、居場所への誘導や学校復帰のお手伝いをします。

不登校・ひきこもりの状態を改善していくためには、ご家族への支援は不可欠です。
まずは、親御さんの想いに寄り添い、お子さんとの日々の関わり方などのアドバイスを丁寧に行っていくことで、お子さんに支援が届きます。
「自宅」という「安心できる居場所」で、第三者と1対1の関わりを持つことで社会との接点が生まれます。
1対1の接点ができると、次は大学生など年齢の近いお兄さん、お姉さん(プレイサポーター)や学習をメインとする学習サポーターとの関わりが持てるようになります。
そうすることで、さらに社会との関係性が増え、学習や社会参加に向けた活動ができるようになります。

そこで、訪問当初は遊びや趣味の話題を交わすなど、無理ないところから関係を築いていきます。
このように第三者と1対1の安心できる関係を築いていくことを通して、社会との関わりを少しずつ広げていきます。

お子さんにとって、家族と異なる「社会との接点」の役割を担う存在になることが訪問支援の目的です。

親御さんに寄り添い、親御さんと一緒にお子さんに寄り添い、「そのままの自分でいいんだよ」、「これから楽しいことがたくさんあるんだよ」、「未来は明るいんだよ」ということに気づいてもらいたいとの想いで訪問支援を行います。

※訪問日に関しましては要相談です。

※訪問サポートにつきましては説明を受けたうえでご利用ください。

※料金につきましては個々のプランを立て相談の上、料金設定を行います。
(月額15,000円~30,000円程度となります。)